09:10 2019年10月15日
日本の医師らが、80歳まで生きるかどうかを調べる方法を語る

日本の医師らが、80歳まで生きるかどうかを調べる方法を語る

© Depositphotos / AndrewLozovyi
テック&サイエンス
短縮 URL
幸せに長生きしてください-長寿に関するスプートニクの記事 (89)
0 22
でフォローする

日本の老年学者たちは、70歳で若い時のようにエネルギッシュに歩く人たちは、80歳まで生きる可能性がほぼ100%あるとの結論に達した。日本の学者たちは、モスクワで開かれた露日会議「ロシアにおける健康長寿の方針」で、自分たちの研究結果を語った。

日本の学者らは1997年から、60歳から80歳までの人たちの歩行速度を調査した。

学者たちは調査結果を分析し、70歳で1秒あたり1.5メートルの歩行速度を維持している人は、長寿を期待することができるとの結論を出した。

70歳で通常の歩行速度が1秒あたり50センチ未満の場合、80歳まで生きる可能性は15~35%だという(男性はより少なく、女性はより多い)。

国立長寿医療研究センター病院の荒井秀典副院長は、歩行速度について、特定の人物の寿命を正確に予測することを可能とする良い指標となる可能性があるとし、自分にとっての通常モードの動きがより速い人は、より長く生きると伝えた。

先に、 ウィリアム・クラウス教授の研究は、中度ないし大きな負荷の運動を短い期間でも行うことは大半の人びとにとって効果があると示した。中程度の負荷の運動は例えば会話を続けることが難しいくらいの早歩きである。1日で計30分こうした運動を行う方が、一度に30分運動をこなすより効果がある可能性がある。

健康的なライフスタイルと長寿に関する他の記事は、スプートニクの特別コーナーでご覧いただけます。

関連ニュース

トピック
幸せに長生きしてください-長寿に関するスプートニクの記事 (89)
タグ
科学研究, 研究, 健康, 高齢者
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント