23:18 2019年11月17日
洗濯機

体に危険な洗濯コースが見つかる

© Flickr/ Alexander Lindquist
テック&サイエンス
短縮 URL
0 60
でフォローする

洗濯機をエコモードで使用すると、 抗生物質への耐性を獲得した人体に有害な細菌がドラム内に残る。国際的な学者グループは、このような結論に達した。サイトMedicalXpressに掲載された。

学者らは、ドイツのボンにある病院の長期にわたる流行病の原因を調査する過程でこのような結論に達した。

調査では、洗濯機の洗剤投入口とドラムのゴムパッキンに肺炎の病原菌に近いたくさんの細菌があることがわかった。

学者らによると、エコモードで洗濯する場合、このような細菌は除去されず、その後、細菌は人間の腸を冒し、大腸炎やその他の消化器系の問題を引き起こす可能性がある。

学者らは、自宅に慢性感染症または慢性創傷を持つ人がいる場合、エコモードで洗濯しないよう助言している。

健康的なライフスタイルと長寿に関する他の記事は、スプートニクの特別コーナーでご覧いただけます。

タグ
科学, 健康
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント