15:20 2019年12月10日
サンゴ

バイオプラスチックからつくられた人工サンゴが、海洋生物を救う

© Sputnik / Anton Denisov
テック&サイエンス
短縮 URL
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (180)
132
でフォローする

イスラエルのネゲヴ・ベン=グリオン大学の学者たちは、サンゴの死滅によって死んでしまう海洋生物の生息環境を保全するため、バイオプラスチックから人工のサンゴをつくり、海底に設置した。ニューアトラス誌が報じた。

学者らは、人工サンゴを海底に設置する実験を開始する前、本物のサンゴをスキャンし、それを例えば植物油、脂肪、澱粉などの生分解性材料を基につくられたバイオプラスチックの人工サンゴの3D印刷に使用した (通常プラスチックは石油精製の過程で得られる)。

人工サンゴの分解速度は、天然サンゴと同じ。人工サンゴは紅海の北東岸に沿って設置された。その後の観測で、魚は人工サンゴが気に入ったことが示された。

魚は近くにある本物のサンゴよりも人工サンゴを好んでいるほどだ。

イスラエルの学者たちは、海洋生物圏の汚染と地球温暖化により、ここ数十年でサンゴが急速に破壊されているため、自分たちの活動は重要だと説明している。

二酸化炭素の海洋への蓄積と水温の上昇はサンゴにとっても、またサンゴの餌である小さな藻類にとっても有害である。

関連ニュース

トピック
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (180)
タグ
科学, 自然, 環境
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント