00:07 2020年05月26日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40
でフォローする

米ミネソタ州スペリオル湖で今夏、1901年に沈没し、地元の人々から「幽霊船」と呼ばれていたハドソン船が見つかっていたことがわかった。MRP ニュースが伝えた。

ハドソン船は、スペリオル湖の水深250メートルで米国の調査隊によって発見された。

捜索ではソナーが使用され、研究者らはその後、船の写真を撮ることに成功した。研究者らによると、1888年に建造された船は、ほぼ損傷していないという

船は1901年9月15日に亜麻と小麦を積んでダルース港から出港後、激しい嵐に巻き込まれ、行方がわからなくなった。

翌日、同地域にあった灯台の管理人が「正体不明」の船が沈没するのを見たと話したが、他の証拠は見つからなかった。

同年9月20日には、地元の漁師たちがハドソン号の複数の破片と乗組員の数体の遺体を発見したが、正確な沈没現場と残りの乗組員の運命は依然としてわからぬままだった。

その後、数十年間、地元住民の間では、船は「幽霊船」となって今も湖を航行しているという噂が流れていた。

関連ニュース

第二次世界大戦中に日本の船艇を沈めるために派遣された米潜水艦 の残骸が見つかる

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント