16:41 2019年12月09日
赤身肉

赤身肉ががん発症に及ぼす影響は誇張されていた

© Sputnik / Vitaliy Ankov
テック&サイエンス
短縮 URL
幸せに長生きしてください-長寿に関するスプートニクの記事 (118)
0 41
でフォローする

学者たちは、肉や肉製品の摂取によってがんや心臓病が発症する危険性は誇張されているとの結論に達した。学術雑誌アナルズ・オブ・インターナル・メディシンに掲載された。

赤身や加工肉が人間の健康にどのように影響するかに関する以前の研究結果は、かなり矛盾していた。ある研究は赤身や加工肉ががんを引き起こす可能性があるとし、別の研究はその説を否定していた。

これを解明するため、7カ国の学者たちが複数のデータベースで公開されているこの問題に関係する研究を分析した。そこにはデータベースの設立から2018年まで(1つのケースでは2019年まで)の研究が含まれていた。

分析は、赤身または加工肉を毎日摂取した場合にがんや心血管疾患、または早期死亡が発生するリスクは低レベルから極低レベルの間で上下していることを示した。

団体NutriRECSの代表を務めるブラッドリー・ジョンストン氏は「我々は完全タンパク質食による虚血性心臓病、糖尿病、がんなどの発祥リスクは誇張されていると考えている。(以前に)学者らが提示した肉の害の証拠は非常に弱い」と主張している。

学者たちは今回実施された研究について、食事法づくりへの新たなアプローチの必要性を物語っていると指摘している。


健康的なライフスタイルと長寿に関する他の記事は、スプートニクの特別コーナーでご覧いただけます。

トピック
幸せに長生きしてください-長寿に関するスプートニクの記事 (118)
タグ
食生活, 健康
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント