20:33 2019年10月23日
シバナンダ氏

124歳だという僧侶が長生きの秘訣を明かす セックスをせず辛いものを食べないこと

© AFP 2019 / Dibyangshu Sarkar
テック&サイエンス
短縮 URL
幸せに長生きしてください-長寿に関するスプートニクの記事 (92)
236
でフォローする

自分は124歳だと主張するインドの僧侶が長生きの秘訣を明かした。

この場合、彼の出生の書類に記された1896年8月8日という誕生日には疑いがあるが、シバナンダ氏は自分の寿命は、ヨガを続けていることやセックスレス、「美味しい食事」を取らないこと、さらに薪を枕に絨毯で眠ることといった生活様式に帰しているという。しかし、若い心と身体を保つのはヨガだけでない。86歳の日本人男性は自分の長生きの秘訣がラグビーにあることを発見した。

「ガルフニュース」紙によれば、インドのパスポート当局は、寺院の登録簿からシバナンダ氏の出生についての証書を受け取っており、そのことが確認を困難にしているという。

同氏は「私は質素な規則正しい生活を送っている」と述べる。「私の食事はとても質素。油も香辛料も使わない茹でただけのものと米など。私は牛乳やフルーツを避けるが、それはこれは普通とは違う食物と考えるからだ。子どものころ何日も空腹で眠った。

電話も電気もない植民地時代のインドで育ったシバナンダ氏は、今の時代についての自分の考えを次のように語った。「かつて人々は物が少なくても満足だった。現代の人々は不幸で、不健康。そして、私に苦しみをもたらす不誠実な人間になった」。

さらに美味しい長寿の秘訣について100歳の英国人女性が語った。


健康的なライフスタイルと長寿に関する他の記事は、スプートニクの特別コーナーでご覧いただけます。

トピック
幸せに長生きしてください-長寿に関するスプートニクの記事 (92)
タグ
健康
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント