17:14 2019年12月14日
子供

子供の視力低下を防ぐ自宅学習とは ロシア消費者権利保護監督局

© Sputnik / Alexander Kriazhev
テック&サイエンス
短縮 URL
幸せに長生きしてください-長寿に関するスプートニクの記事 (118)
0 51
でフォローする

ロシア連邦消費者権利保護監督局の専門家は、子どもの視力を守る自宅学習法について提言を公表した。これで誰でも、自宅学習のタイミングと継続時間は正しいか、勉強の負荷と休憩のバランスはとれているかを確認することができる。皆さんもぜひチェックしてほしい。

専門家によると、3歳から5歳までの子どもの場合、家庭での学習時間は1日に40分を超えてはならず、6歳から7歳の子どもの場合は、1時間までとしている。

子どもと自宅学習する際は、午前と午後に分け、学習時間の間には休憩を入れること。休憩時間には活発に体を動かすゲームをしたり、外の空気に触れる散歩を入れる必要がある。

目を酷使する自宅学習では、10分から15分に一度休憩を入れなければならない。こうすることで子供の視力低下を防げるだろう。

子どもの視力改善には、飛んだり跳ねたり、回転したり、あちこち動き回る玩具が役立つ。例えば、ボールを使うゲームは打ってつけだ。一方、チェスやチェッカー(ボードゲームの1種)、パズル遊びに費やす時間は制限しなければならない。

また、ロシア連邦消費者権利保護監督局の専門家は、テレビの長時間視聴、パソコン、タブレット、携帯電話の使用も子どもの視力に悪影響を与えると力説している。このような行為は未就学児の場合、1日に30分が限度だという。

ちなみにテレビ画面との最適な距離は2メートルから5.5メートル、パソコン画面との距離は40センチメートルとのことだ。その場合、部屋の照明は十分に明るくなければならない。


健康的なライフスタイルと長寿に関する他の記事は、スプートニクの特別コーナーでご覧いただけます。

トピック
幸せに長生きしてください-長寿に関するスプートニクの記事 (118)
タグ
ロシア, 健康, 医学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント