21:39 2019年11月14日
トマス・リンダール氏

ノーベル賞受賞者、がん発生の主要メカニズムについて語る

© AP Photo / Alastair Grant
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10
でフォローする

危険な突然変異とそれに関連するがんは、放射線、太陽紫外線、または食品中の発がん性物質ではなく、体内の酸素と水の循環に関連するプロセスのために人体内で最も頻繁に発生している。2015年にノーベル化学賞を受賞したトマス・リンダール氏が、全ロシアフェスティバル「Nauka 0+」でロシア・メディアに語った。

リンダール氏はがんについて、加水分解、すなわち水の分解や、攻撃的な形態の酸素の出現と関連した細胞内の生活機能の自然なプロセスが引き起こしていると強調した。

同氏は、酸素と水は体内で重要な役割を果たしており、それらを完全に排除することは不可能だと指摘した。

リンダール氏は、がんを治すことはできないが、腫瘍をより効果的かつ安全に破壊し、別の危険因子も最小限に抑えることができる薬剤を製造する方法はあるとの見方を示している。

リンダール氏はまた喫煙者に対し、タバコは攻撃的な形態の酸素と同じように細胞に作用するため、ニコチンの摂取をやめるか、または摂取量を最小限にするようアドバイスした。


2015年のノーベル化学賞は、細胞がそのDNAをどのように「修復」しているのかを解明したトマス・リンダール氏(スウェーデン)、ポール・モドリッチ氏(米国)、アシス・サンジャール氏(米国)の3人に授与された。

関連記事

タグ
健康, 医学, ガン, ノーベル賞
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント