05:38 2019年11月15日
アラブ首長国連邦(UAE)の初の宇宙飛行士ハザ・アリ・マンスーリ氏

『ハッザの宇宙食』 UAE大臣、アラブの宇宙食がトレンドになるかもしれないと語る 

© Sputnik / Sergey Mamontov
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10
でフォローする

アラブ首長国連邦(UAE)初の宇宙飛行士ハッザ・アル・マンスーリ氏のためにアラブ料理を製造した経験は、食品分野のイノベーションにおける素晴らしい出発点となり得る。UAEのマリアム・アリ・ムハイリ食料安全保障大臣が、通信社スプートニクのインタビューで語った。

アリ・ムハイリ食料安全保障大臣は「アラブ料理の宇宙食はトレンドになると思います。いつの日かAmazonで『ハッザの宇宙食』を注文できるようになるかもしれません。これはビジネスのアイデアかもしれません。このような事業についてまだ聞いたことはありませんが、将来的には実現するかもしれないと実際に思っています」と語った。

10月3日、ハッザ・アル・マンスーリ宇宙飛行士は、ロシアの宇宙飛行士アレクセイ・オブチニン氏と米国の宇宙飛行士ニック・ヘイグ氏とともに宇宙船「ソユーズMS-12」で国際宇宙ステーション(ISS)から地球に帰還した。アル・マンスーリ氏はUAE初の宇宙飛行士であり、ISSに滞在した初のアラブ人宇宙飛行士となった。同氏はISSに8日間滞在した。

アル・マンスーリ氏は、ISSで食べるために調理されたアラブ料理を持って宇宙へ飛び立った。このアラブ料理はロシアの会社が製造した。

関連ニュース

世界イチ臭いフルーツを宇宙に打ち上げる理由は?

タグ
アラブ首長国連邦, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント