17:56 2020年01月18日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

空飛ぶタクシー「Volocopter X2」がシンガポールのリゾートホテル「マリーナベイ・サンズ」の上を通過して1.5キロの距離を飛行した。未来の交通手段である空飛ぶタクシーが摩天楼の間を飛行するインパクトのある動画が撮影された。開発者らは、最も豊かで技術的に進んでいる大都市シンガポールにおいて、今後3年以内に空飛ぶタクシーの商業化を目指している。

科学・乗り物分野のニュースサイト「ニュー・アトラス」によると、2013年に事業を開始したドイツのベンチャー企業「Velocopter」は、現在、有望な空の都市交通市場の主要なプレイヤーの一つだ。

18 基のプロペラを備えたVolocopter X2がリゾートホテル「マリーナベイ・サンズ」の上空を距離にして1.5キロ飛行するミッションは、これまでで最も難しいものだったが、成功した。飛行時間は約2分間、平均して高度40メートルで行われた。今回、空飛ぶタクシーの運転席にはパイロットが座り、ジョイスティック(レバー)で操縦していたが、将来的にこの空飛ぶタクシーはドローンのように操縦者不在のタクシーとなる。

今回Velocopter社が作製した空飛ぶタクシーは、距離にして35キロ、時速110キロで乗客2人を目的地まで運ぶことができる。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント