02:03 2019年12月12日
マイクロソフトの共同創業者ビル・ゲイツ氏(アーカイブ写真)

研究者らがセレブリティのカーボンフットプリントを測定 もっとも多いのはビル・ゲイツ氏 

© AFP 2019 / Saul Loev
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

航空機での移動でもっともカーボンフットプリントを排出しているセレブのベストテンに、ジェニファー・ロペス氏やパリス・ヒルトン氏、エマ・ワトソン氏らがランキングした。SNSでのセレブの投稿をベースにスウェーデンのルンド大学の研究者らがランキングを行った。

ランキングの順位は、航空マイル数と二酸化炭素の平均排出量にもとづき決定された。「インデペンデント」紙が報じた。

ランキングで圧倒的1位となったのはマイクロソフト社のビル・ゲイツ氏。同氏は2017年に航空機での移動を59回行い、34万3千キロを飛行した。研究者らのデータでは、ビル・ゲイツ氏1人だけで1年間で大気中に1600トン超の二酸化炭素を排出している。

第2位は社交界の花形のパリス・ヒルトン氏。同氏は2017年にビル・ゲイツ氏よりも頻繁に航空機を利用したが、移動距離が短かった。ヒルトン氏は合計で68回航空機を利用し、また1261トン超の二酸化炭素を大気に排出した。

第3位となったのは歌手で女優のジェニファー・ロペス氏。同氏は77回移動し、その航空機から大気中に排出された二酸化炭素の量は105トンだった。

トップテンにはまた、女優のエマ・ワトソン氏やテレビ司会者のオプラ・ウィンフリー氏、フェイスブック創設者のマーク・ザッカーバーグ氏もランクインした。

研究チームの責任者であるステファン・ゴスリング氏は、「『汚染者』のグループが人気を得ている限り、気候変動の危機は克服されないおそれがある。彼らは排出量を増やすだけでなく、さらに贅沢な暮らしぶりをSNSで公開している」と強調した。

タグ
おもしろい, 科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント