21:49 2019年11月14日
子どものIQを下げる日用化学品とは 研究結果

子どものIQを下げる日用化学品とは 研究結果

© Depositphotos / Wavebreakmedia
テック&サイエンス
短縮 URL
幸せに長生きしてください-長寿に関するスプートニクの記事 (104)
0 63
でフォローする

研究者らは、妊娠中の母体で、内分泌器の働きを妨げる「生体異物」量が高まった子どもは、7歳までに同年代とIQの大きな差が出ることを発見した。研究結果は学術誌Environment Internationalに掲載されている。

スウェーデンのカールスタード大学は米国の研究者らと共同で、妊娠初期3カ月間の妊婦718名の血液と尿を分析し、内分泌器に影響を与える化学物質について調べた(計26物質)。

またこれら女性から生まれた子どもたちが7歳になった時点で、子どもたちにIQ検査を行ったところ、妊娠中の体内に生体異物が多い女性から生まれた子ども、特に男子は知的レベルが他の子どもに比べて低いことが分かった。

最も危険な物質は日常の身近なところに

子どものIQ低下に最も強い影響を与えるのはビスフェノールFで、生活プラスチックの成分の一つ。

その他危険物質としては、トリクロサン、フタル酸などがある。これはつまり、家庭用化学品、抗菌せっけん、食品用プラスチック容器 に含まれる生体異物や化粧品のことだ。

これら物質は成人であれば体内から短時間で排出されるが、その短時間でも胎児の成長に与える影響は少なくないようだ。


健康的なライフスタイルと長寿に関する他の記事は、スプートニクの特別コーナーでご覧いただけます。

トピック
幸せに長生きしてください-長寿に関するスプートニクの記事 (104)
タグ
研究, 健康
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント