21:56 2019年11月14日
ウィルス

アンドロイドユーザーを「削除不能」のウィルスが襲う

© Sputnik / Vladimir Trefilov
テック&サイエンス
短縮 URL
0 33
でフォローする

「シマンテック」社のサイーバーセキュリティ分野の専門家らがウィルス「Xhelper」の急速な拡大を確認した。この数ヶ月の間にこの有害なソフトがアンドロイドの4万5千超のデバイスに伝染したことが発表された。

専門家によると、プログラム「Xhelper」は周到にデバイスの所有者から存在を隠し、ガジェットを初期設定し直しても存在し続けるおそれがあるという。

このほかにもウィルスは自身で再インストールすることができる。

危険なソフトは今日もデバイスの支配を続けており、月平均で約2万4千人のユーザーの機器が犠牲になっている。被害がもっとも大きいのはロシアや米国、インドだという。

関連ニュース

タグ
ソフト, コンピュータウイルス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント