06:50 2019年11月16日
ファーストフードと健康な食べ物

気分を良くするための食べ物とは?食事療法士が語る

© Depositphotos / SIphotography
テック&サイエンス
短縮 URL
幸せに長生きしてください-長寿に関するスプートニクの記事 (104)
0 10
でフォローする

気分が悪い時には、お酒に逃げたり、甘いもので悲しみを解消するようなことはしないでください、と食事療法士のエレーナ・ソロマチナ氏は述べている。ソロマチナ氏が、気分を高めるのを助ける食べ物について語った。

気分が悪い時に口にしない方がいいもの

ソロマチナ氏によると、憂鬱な気分の時にアルコールを飲むのは悪い治療法。最初は気分が高まるが、その後、中毒症や脱水を引き起こし、気分は落ち込み、体の具合が悪くなる。

空腹時に食べる甘いものも助けにはならない。この場合、まず血糖値が急激に上昇し、その後、急激に低下する。結果、軽度の多幸感は疲労やイライラに変わってしまう。

ソロマチナ氏は、しょっぱいものが食べたいという欲求に対しても警告している。しょっぱい食べものは、はじめは活力を与えるが、その後、力の低下を引き起こす。このような食品に当てはまるのは、ソーセージ、サラミ、ベーコン、その他の加工肉や脂肪の多い肉だ。

気分を良くするためには、何を食べたらいいのか?

ソロマチナ氏によると、気分の改善に役立つ食べ物はバナナ、トマト、柑橘類。またニンジン、ダークチョコレート、ナッツ、ヨーグルト、発酵乳製品もお勧めだという。

一方、ソロマチナ氏は、チョコレートは頭痛を引き起こす可能性もあると警告している。

その他、気分が悪い時には、複雑な炭水化物のオートミール、シーフードパスタ、油性魚なども役立つほか、デーツ(ナツメヤシの実)、ドライフルーツ、緑茶も憂鬱な気分の克服を助けてくれるという。


健康的なライフスタイルと長寿に関する他の記事は、スプートニクの特別コーナーでご覧いただけます。

トピック
幸せに長生きしてください-長寿に関するスプートニクの記事 (104)
タグ
ダイエット, 健康, 食生活
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント