19:34 2020年02月18日
テック&サイエンス
短縮 URL
がん治療最先端 「21世紀のペスト」とどう戦うか (21)
0 2312
でフォローする

クイーンズ大学ベルファスト校(北アイルランド首都ベルファスト)の研究者らは、コーヒーを飲むことで肝臓がん発症リスクが半減することを発見した。医療保健ニュースのMedicalXpressが伝えた。

研究グループは7年以上にわたり約4万7200人を対象に調査を行った。被験者の75%以上が定期的にコーヒーを飲んでいた。


がんとカフェイン

調査期間中、3500人を超える被験者に悪性腫瘍が発見され、88件が肝細胞がんであった。これは最も一般的な原発性肝がんである。

調査の結果、挽いた豆あるいはインスタントのコーヒー愛好家はその他の患者に比べ、このタイプのがん発症リスクが50%低いことが分かった。

研究者によると、コーヒーを飲む被験者の多くは喫煙し、アルコールを摂取し、コレステロール値も高かったが、これによりがん発症率が高まることはなかったという。

研究者は、身体に対するコーヒーのプラス効果は、抗酸化物質とカフェイン含有量が多いことだと語る。ただし、悪性腫瘍を予防できるのは、何をおいても健康的なライフスタイルであると釘を刺した。

「コーヒーは、禁煙、アルコールを減らすこと、体重減少ほど肝がんを予防するわけではありません」と研究グループの一人は語った。

トピック
がん治療最先端 「21世紀のペスト」とどう戦うか (21)
タグ
ガン, 食品, 医学, 健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント