08:40 2020年01月22日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40
でフォローする

ポーランドの研究者らが1億4500万年から1億6300万年前のプリオサウルスの骨を発見した。サイエンス系ニュースサイトLive Scienceが伝えた。プリオサウルスは古生物学者らの間では、巨大な肉食恐竜であるティラノサウルスの海洋版と呼ばれている。

発掘場所はクシジャノヴィッツェ村近くのトウモロコシ畑の中だった。ジュラ紀プリオサウルスの化石はこれまで、欧州の数か国で発見されたのみ。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Krzysiek Poznański, NaukowoTV (@krzysiek_poznanski)

ポーランドではこれが初事例となる。石灰層には歯と上顎・下顎の一部が残っていた。

学者らによると、巨大なプリオサウルスは最上級捕食者であり、海生爬虫類や他の水生哺乳類を捕食していた。首長竜類で最大のものは体長13メートルあり、頭蓋骨の長さは2メートルを超えるものもあった。

関連記事

タグ
動物, 考古学, ポーランド
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント