21:49 2019年11月14日
女性

オール5の優等生がいいとは限らない:研究者らが解明した正しい学習法とは

© Fotolia / Andrey Kiselev
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30
でフォローする

優秀な成績のみを取ることは大変嬉しいが、その場合、その人の勉強法は効果的でない可能性もある。米国の研究者らが突き止めた。研究結果は学術誌Nature Communications(ネイチャー・コミュニケーションズ)に掲載された。

学生が集中的に新しいテーマを学ぶと、間違いは避けられない。研究者らは、その最適数は約15.9%だと語る。

研究者らはAI(人工知能)で実験を行った。AIプログラムは偶奇性の区別、幾何学的形状の判断を学習するはずだった。実験の結果、AIの学習スピードが最も速かったのは、正確な回答率が85%の時だと分かった。

ある人の正確な回答率が100%の場合、それは既に習得済みのものであり、テーマはその人にとって簡単すぎると言える。正確な回答が半数前後の場合は、新テーマはその人にとって過負荷であり習得する時間はない。

研究者らは、学習時のテーマや教材の難度は常に調整する必要があると語る。また、この調査結果が学習コース作成に役立つよう期待を表した。

関連ニュース

ロシアの未成年者の2人に1人が学校内でいじめを受けた-研究

タグ
科学研究, 科学, 人工知能
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント