01:17 2019年12月13日
金のトイレ

トイレの構造が様変わり:研究者らが汚れない便器を開発

© 写真 : William Edwards
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40
でフォローする

米国ペンシルベニア大学の研究者らが、常に清潔さを保つトイレの便器用のコーティングを独自に開発した。またコーティングは水の節約にも効果を発揮する。このユニークな素材について科学誌『ネイチャー・サステナビリティー』が報じた。

コーティングはポリマーフィラメントと通常のシリコングリースからなる。開発された素材は微細な絨毛のような構造を持ち、それによって便器の表面は汚れが残ることなく糞便が流される。その結果、バクテリアの繁殖源がなくなり、水の節約にもつながる。

研究者らによれば、コーティングによりトイレの水の使用量を約10分の1に減らすことができるという。研究者らは、世界では毎日、トイレの使用によって1410億リットル以上の水が使用されていると指摘する。

また研究者らは、国連の専門家や水と排水設備の問題を抱える発展途上国政府が、このオリジナルのコーティングに注目することを期待している。研究者らによれば、新しいコーティングによる便器は、こうした国々の衛生状態を抜本的に改善するという。

タグ
研究, 米国, おもしろい
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント