04:54 2019年12月06日
NASAが解説 ロボット式「月面トレーラー」の概要

NASAが解説 ロボット式「月面トレーラー」の概要

© 写真 : NASA
テック&サイエンス
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

アメリカ航空宇宙局(NASA)は公式サイトで今後予定される月面着陸装置の予想デザインを公開した。この装置は宇宙空間での輸送をイメージしたもので、接近が困難な月面の地域にさまざまなプラントを供給する。

NASAが明らかにしたところによれば、月面に着陸する装置のコンセプトとして、月の両極の1つに300キロのローバーを供給する開発が行われた。エンジニアたちは、荷物がどんな重量であっても着陸時にモジュールが最大精度を維持し、その際、月面への着陸が不安定であっても破損せず、特に乗船している人間に危害が及ばないということに注意を集中した。

Commercial Lunar Payload Services(月への輸送商業サービス)の一環として、さまざまな荷物の月への供給を最終的に開始するため、NASAは民間企業と共同で作業を行う。

NASAによれば、それらの試用期間が自社の宇宙輸送のコンセプトの確立のために多くの企業によって活用されることを期待しているという。

関連ニュース

タグ
宇宙, NASA
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント