04:59 2020年01月30日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 410
でフォローする

中国で世界ではじめてとなる豚と猿のハイブリッド種が誕生した。「Metro」が報じた。実験は、移植のために動物の体内で人間の器官を培養するプログラムの一環として実施された。

この「子豚」は豚と猿の両方のDNAを保有した。しかし、これらの「子豚」は北京の研究所で誕生後、一週間のうちに死亡した。

新種の創作のため、受胎後4日目に4千匹の豚の胎児内で猿の細胞の培養が人工的に行われた。

子豚たちの心臓と肝臓、肺、皮膚にカニクイザルのDNAが含有された。

最近、こうしたDNAの交配実験はますます頻繁に行われている。この間では、日本で移植用臓器を培養する目的でヒトや動物のハイブリッドの胚を作る研究が了承された。

タグ
動物, 中国, 科学研究, 研究
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント