10:59 2020年08月11日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10
でフォローする

北米の水上航空会社の大手Harbour Air社と電動飛行機分野での革新の第一人者であるMagniX社が、世界ではじめて商業用の全電動飛行機のフライトに成功したことを発表した。10日、Harbour Air社が明らかにした。

発表では「今朝、リッチモンドでePlaneのフライトが成功した。同機はde Havilland Canada DHC-2 Beaverブランドの6人乗りで、750馬力のmagni500エンジンを搭載している」と説明された。

また、同機にはHarbour Air社のCEOで創設者のグレッグ・マクドゥガル氏が搭乗した。

近い将来、2社は原動システムの認証プロセスを開始し、こうした電動エンジンの航空機への装備を開始する。

関連ニュース

テスラ社 防弾仕様の新型電動ピックアップ「サイバートラック」を発表

S7 Space「シーローンチ」 米国から極東に移転 北朝鮮国境から80kmに拠点予定

タグ
カナダ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント