01:36 2020年07月04日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10
でフォローする

南デンマーク大学の研究者らは、缶ビールの蓋を開けたときに泡が噴出するのを防ぐために、事前に缶を叩いても効果はないことを明らかにした。この行為よりも重要なのは、開封前にビール缶をどこかに置き、しばらく落ち着かせること。この研究結果がサイト「アーカイヴ(arXiv.org)」に投稿された。

ビール好きの間では、缶を指で叩くと開けたときに泡が噴射しないという認識がある。缶の中で発生した炭酸ガスの気泡は、蓋を開けると急激に上昇して白い泡を形成するが、開封前に予め缶を叩くことですべての気泡が上部に集まり、開けたときの泡の形成が弱くなると考えられている。

研究者らは、330ミリリットルのビール缶1000本以上で実験を行った。そのうちの半分の缶は事前に2分間にわたって振り、残りの缶は振らなかった。この振った缶と振らなかった缶のうち半分は開封前にその側面を指で3回叩いた。

缶は4つに分類できる。つまり、振られもしなければ指で叩かれることもなかった缶(256)、叩かれたのみの缶(251)、振られただけの缶(249)、振られて叩かれた缶(224)だ。

また、缶の開封前後で重量の変化を調べるために測定を行った。0.01gの精度で測定したところ、事前に振られた缶のビールは平均で3.45g減り、振られなかった缶は最大0.51gしか減っていなかった。また、缶を指で叩いたことは重量の変化に影響しなかった。

そのため、開封前に缶を指で叩くのは泡の噴射防止に有効だというビール好きの認識は間違っていた。泡噴出によるロスを防ぐ唯一の方法は、缶を手にしたらすぐに開けてしまうのではなく、缶をどこかに置き、「落ち着かせてから」開けることだ。

関連記事

タグ
科学研究, 研究
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント