19:24 2020年08月10日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 01
でフォローする

大人気ゲーム「デス・ストランディング」のパワードスーツが「未来ソルジャー」の戦闘装備として有望視されている。ロシア国営戦略工業製品開発・輸入会社「ロステック」広報部がRIAノーボスチに語った。

ロステックは「デス・ストランディング」のパワードスーツはコンピュータゲームだけの遠い未来ではない。将来性のある開発であり、幅広く取り入れる可能性も近々あり得る。すでに今後2,3年で重いものを運ぶ電源不要のパワードスーツの大量生産が始まる。それはパッシヴ型だが、4-6年のうちにアクティブ型パワードスーツの生産も始まるかもしれない」と語った。

ロステック社が開発した重いものを運ぶパワードスーツサンプルは既にシリア作戦など戦闘環境での実践試験に合格している。現在、このパワードスーツを兵器に採用するか検討されている。

デス・ストランディングは「コジマプロダクション」開発のオープンワールドのビデオゲーム。プレイヤーは異常災害で破壊されたアメリカで荷物を運ぶサム・“ポーター”・ブリッジズという運び屋を操作する。このゲームの特徴の一つにアイテムの多さがある。そのアイテムを用いて主人公はより多くの荷物をより箱に、よりスピーディーに移動し、より遠くに飛ぶことができる。

タグ
ロシア, ゲーム
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント