15:20 2020年08月09日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

米ノースウェスタン大学の学者らは、スポーツとアクティブなライフスタイルが、脳内の「ノイズ」のレベルを低減させ、非常に騒がしい状況の中で最も気づきにくい音でさえも認識するのに役立つだけでなく、人間を記憶の問題からも保護することを明らかにした。サイトMedical Xpressが伝えた。

研究論文の著者の1人、神経生理学者のニーナ・クラウス氏は「脳内のバックグラウンドノイズは、音楽ラジオチャンネルの雑音と考えることができる。音楽の音質は、音量を上げるか、またはこれらのノイズを抑えるという2つの方法で改善することが可能だ」と説明している。

ノースウェスタン大学の神経生理学者らは、18〜24歳の数千人の若者の健康状態を監視し、プロのアスリートと普通の学生の2つのグループに分けた。実験では参加者らに一連の異なる音、言葉、音節を聞かせ、脳波計を使って脳の働きを観察した。

結果、スポーツをしている人には、脳内の「バックグラウンドノイズ」を無視して音や音声をより正確に認識することができる、より正確に機能するニューロン環が形成されていることがわかった。

また、実験参加者の中で音楽や外国語を学んだことがある人たちは、外部の音をかなりよく認識できた。一方、これは脳内の「ノイズ」を低減させたのではなく、このバックグラウンドノイズを「消す」脳活動を高めることによって行われたことも明らかにされた。 

学者らは、ノイズを抑制するこれらの手段のうち、どちらが脳の健康にとってより有益であるかを述べることはまだできないが、いずれも記憶を改善し、人間が空間の中でより迅速かつより正確に自分の位置を判断するのを助けるという。

関連ニュース

専門家らが脳腫瘍の主要な兆候を指摘

タグ
科学研究, 科学, スポーツ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント