09:37 2020年04月08日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 80
でフォローする

米イリノイ大学とウェイン大学(米デトロイト市)の研究者チームは、ヨガが脳に好ましい効果をもたらし、認知能力と情動調節を担う脳の領域を強化することを明らかにした。この研究結果は科学誌「Brain Plasticity」に掲載されている。ヨガが脳のどの部位を改善するのか、スプートニクの記事でご紹介する。

ヨガは脳の健康によい

研究者チームは、ヨガが有酸素運動と同様に脳を鍛え、新しいニューロンを成長させることを明らかにした。研究チームは、ヨガと脳の健康との関係に関する11件の研究をまとめた。これらの研究のうち5件は、ヨガ初心者が10~24週間にわたってヨガの教室に通う前と後の脳の状態を比較した。残りの6件の研究では、ヨガを定期的に実践している人とそうでない人の脳の違いを分析した。

脳を全面的に調査

それぞれの研究では、MRI、fMRI、あるいは単一光子放射断層撮影などの脳を可視化するための技術が用いられた。fMRIは脳を対象とした磁気共鳴画像法(MRI)。単一光子放射断層撮影は、例えば、腫瘍を検出するために臓器の3D画像を作成することができる。

研究の被験者らは、体の動き、瞑想および呼吸法を含むハタ・ヨーガを行った。

ヨガは脳のどの部位によい効果をもたらすのか?

米イリノイ大学のプレスリリースは「11件の研究すべてで運動をした場合と同じ脳の領域が発達していることが分かった。例えば、海馬の容量の増加がみられる」と同研究を主導したネハ・ゴータ助教授の言葉を引用して報じている。

海馬は記憶処理に関係しており、また加齢とともに萎縮し、認知症アルツハイマー病の進行を引き起こすことが知られている。

ヨガを定期的に行っている人は、前頭前皮質、帯状回と扁桃体が他の人たちよりも発達している。扁桃体とは、情動反応の調節を司る部位であり、神経回路「デフォルトモードネットワーク」でもある。

研究チームのジェシカ・デムワゾー助教授(米ウェイン大学)は上記に挙げた部位とネットワークに関して以下のように説明した-

「前頭前皮質は額のすぐ後ろにある脳の領域で、計画、意思決定、マルチタスクの管理、評価、選択に関与している。デフォルトモードネットワークは、自分自身について考えること、計画、記憶に関連する複数の脳領域。さらに帯状回は、扁桃腺と同様に大脳辺縁系の一部。大脳辺縁系は、情動の調整、学習、記憶に重要な役割を果たしている複数の構造物の総称だ。」

研究チームは、なぜヨガが有酸素運動と同じように脳に作用するのかをまだ明らかにしていない。研究チームは、ヨガのレッスンの基本である感情調節メカニズムが、ポジティブな作用の鍵だと考えている。 

ゴータ助教授は「ヨガの実践は感情の調節を改善し、ストレス、不安、うつを軽減するのに役立つ。これが脳の働きを改善しているように思われる」と述べている。

タグ
科学研究, 研究, 健康, スポーツ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント