23:12 2020年06月03日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

イースター島にならぶモアイ像は、古代のポリネシア人が肥沃な土壌を守るのに像が役立つと信じていたため設置された。米国、ニュージーランド、チリの考古学者と土壌学者のグループが明らかにした。サイトPhys.orgに、この研究に関するプレスリリースが掲載された。

学者グループは、イースター島東部に位置する ラノ・ララク火山の近くに設置された一枚岩のモアイ像2体を調査した。

研究論文の著者ジョアンナ・ヴァン・ティルブルク氏によると、学者グループは、モアイ像は島の土壌の生産性を高めることを目的につくられたという科学的証拠を発見した。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Mark Ye (@seattle_vino)

ラノ・ララク火山周辺の土壌を化学分析した結果、そこには高収量にとって重要なリンやカルシウムなどの元素が豊富に含まれていることが明らかになった。

これにより学者グループは、火山のふもとが地元住民にとって石だけでなく、農業に必要な肥沃な土壌の源でもあったとの結論を導いた。また研究では、その昔、この地域で実際に多くの作物が栽培されていたことが示された。

イースター島は、地球上で最も謎めいた場所の一つ。ここには約2000年前、ラパ ・ヌイ(イースター島の現地語名)の古代ポリネシア人の文化が存在し、巨大なモアイ像という形でその多くの痕跡が残っている。

関連ニュース

タグ
歴史, 文化
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント