15:18 2020年05月25日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40
でフォローする

天文学者らが地球と大きさが似ている系外惑星を発見した。アメリカ天文学会が伝えた。

惑星GJ1252bは地球から66.5光年と比較的近くに位置する。小惑星GJ1252の周りを回転し、大きさと質量は太陽の約4割。

GJ1252bを地球と比較すると約1.2倍で、質量は倍。

通常、惑星は小さくくすんでおり、発見するのは容易ではない。特に小さい星の周りを回転している場合は言うまでもない。そのためGJ1252bの発見は天文学者にとって非常に重要だ。

学者らが1992年から系外惑星を発見している。現時点で太陽系外に約4100個の惑星が見つかった。この知識は生命に適した世界を探索するために不可欠である。

タグ
発見, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント