15:16 2020年04月06日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 41
でフォローする

ロシアの栄養士アントニーナ・スタロドゥボワ氏が、新年にどのようなデザートを用意したらいいか、甘いものはどの頻度で取ればいいかについて語った。ラジオ局「ガバリット・モスクワ」が報じた。

スタロドゥボワ氏によれば、新年用の料理には、カロリー値がもっとも低い食事を選び、砂糖はできるだけ控える必要があるという。

スタロドゥボワ氏は、「健康的なデザートの選択肢としては、なによりフルーツがあり、もちろん、砂糖の使用が少ないフルーツベースのデザートといったものが上げられる」と説明した。

また同氏は、製菓はお祝い用の食べ物であって、毎日食べる必要はないと指摘した。

スタロドゥボワ氏によれば、甘いものの摂取の頻度としては、週に1回以下が好ましいという。


健康的なライフスタイルと長寿に関する他の記事は、スプートニクの特別コーナーでご覧いただけます。

タグ
食生活, 健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント