01:08 2020年07月05日
テック&サイエンス
短縮 URL
筆者 :
0 20
でフォローする

ニューヨーク大学循環器学研究者は、アップル社が同氏の特許取得済み心拍数モニタリング方法を使用していることに関し、補償を求める旨を明らかにした。ブルームバーグが伝えている。

ブルームバーグは「ニューヨーク大学医科大学院で教鞭をとるジョゼフ・ヴィゼル博士は、27日(金)ブルックリンの連邦裁判所にアップル社を相手取り訴状を提出した」と報じた。

ヴィゼル博士は、背面センサーで心拍数をモニタリングし不整脈を伝えるアップルウォッチは、同博士による特許取得済みの不規則心拍数検出法を侵害していると訴えている。博士の研究は、連続した時間間隔で不規則な心拍をモニタリングすることにより、心拍の乱れの一種である心房細動を検出するという点において“革新的”であった、と博士は語る。

ヴィゼル博士によると、初めてアップル社と連絡をとったのは2017年9月であり、同社に自身の特許について詳細な情報を提供したという。博士は「アップルは善意による協力を拒否したが、この訴訟を避けることもできただろう」と文書でコメントしている。今後、裁判を通じてアップル社に著作権侵害の補償を求め、さらに許可なく自身の研究成果を使用することを禁止したい考えという。

関連ニュース

タグ
医学, Apple, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント