06:17 2020年07月14日
テック&サイエンス
短縮 URL
幸せに長生きしてください 長寿に関するスプートニクの記事 (86)
0 50
でフォローする

モスクワの有名な麻薬研究学者の1人のエフゲニー・ブリュン氏は、スプートニク通信社の取材に対し、一般的な薬とアルコール飲料の組み合わせが体にどう影響するか語った。その取材の中で同氏は、多くの薬は症状を治すために毒性物質、つまり毒であるため、例外なしにアルコールと組み合わせてはいけないと警告した。

アスピリンとアルコールの組み合わせは危険

まず、ブリュン氏は最も一般的な薬の1つであるアセチルサリチル酸(アスピリン)とアルコールの組み合わせについて説明した。同氏によると、この物質とアルコールを混ぜるとかなり危険。

ブリュン氏は「アスピリンが体に作用するメカニズムは単純ではない。いずれにせよこれは酸であるため、何らかのリスクや出血する傾向がある場合、アスピリンとアルコールがそれを誘発する可能性がある。さらに、血液へのアスピリンの浸透率も低下する」とその危険性を語った。

アルコールと精神安定剤、抗ヒスタミン剤は酩酊状態に

さらにブリュン氏によると、アルコールを飲んだ後は胃の粘膜が刺激されて、アルコールの効果がさらに強く出るようになる。同氏は、向精神薬と抗ヒスタミン剤とアルコールを同時に摂取することを厳しく禁じている。

「アルコールと抗ヒスタミン薬を飲むと、体の動きを制御できず記憶を失う。私たちは、酔っ払い状態が続き、体は不用意に動く状態を『アルコール酩酊』と呼ぶ。また、『(機械により自動的に操縦する)オートパイロット』という別の言い方がある。アルコールと精神安定剤の組み合わせについても同じことが言え、コントロールできない酔っ払い状態を引き起こす。時には攻撃的で、意識の乱れが生じる。」

アルコールと抗糖尿病薬、血圧降下剤の組み合わせも危険

ブリュン氏はまた、抗糖尿病薬とアルコールの組み合わせについても言及。この組み合わせは、低血糖性昏睡を引き起こす可能性があるという。

また同氏は、血圧降下剤とアルコールを同時に摂取すべきではないと警告した。

ブリュン氏は「アルコールとこれらの薬の服用は血圧を突然低下させ、虚血性脳卒中や梗塞を引き起こす可能性がある」とその危険性を説明している。

アルコールと薬の組み合わせはやっぱりだめ?

しかし、条件付きでアルコールを飲んでもいい薬がある。その薬とは、胃への負担を減らす消化酵素剤。それでもブリュン氏によると、アルコールのこの薬の服用は間隔を空けてほうがいい。

同氏は「この薬を飲むならアルコールを飲んだ後にする。アルコールの飲用後2~3時間の間隔を空けた方がいい」と述べている。

ブリュン氏は、アルコールと薬の危険な組み合わせは数多く存在すると述べた。ゆえに同氏は正月休みの前に、このあらゆる組み合わせについて医師と(できればあなたの主治医)に相談しなければならないと忠告している。


健康的なライフスタイルと長寿に関する他の記事は、スプートニクの特別コーナーでご覧いただけます。
トピック
幸せに長生きしてください 長寿に関するスプートニクの記事 (86)
タグ
健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント