13:30 2020年04月07日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 70
でフォローする

ロシアで慢性B型肝炎を完治することが可能な製薬が開発された。消費者の権利の保護と人間の幸福の監督のための連邦政府サービスのアンナ・ポポワ代表が発表した。

ポポワ代表によれば、この製薬は2年後にはすでに使用が開始されることになる。新薬に関する詳細については、同氏は明らかにしなかった。

ポポワ代表によれば、この15年の間、急性B型肝炎の発病率は16分の1に低下している。同氏は、ロシアは急性B型肝炎の罹患率がもっとも低い国の1つであると強調した。

関連ニュース

ヨガは脳を健康にし、アルツハイマーを予防する 研究で明らかに

タグ
ロシア, 健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント