07:50 2020年05月28日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40
でフォローする

1日の睡眠時間が11時間以上、または4時間未満の人は、睡眠時間が7時間の人よりも特発性肺線維症(IPF)を発症しやすい。英国の学者らはこのような結論に達した。医療系ニュースMedicalXpressが伝えた。

IPFとは、肺に傷が生じ、呼吸機能が損なわれる病気。学者らによると、英国では毎年およそ5000人がIPFによって死亡している。

研究によると、最適な連続睡眠時間は7時間。定期的な睡眠時間が4時間または4時間未満の場合、IPFの発症率は2倍に高まる。睡眠時間が11時間またはそれ以上の場合は3倍となる。

また、就寝時間が深夜の人や、交代制で働く人もリスクグループに入る。一方、これらの人々は、睡眠時間が4時間未満、または11時間以上の人よりも発症率は低い。

学者らは、体内時計がホルモン分泌と代謝に影響することも指摘している。


健康的なライフスタイルと長寿に関する他の記事は、スプートニクの特別コーナーでご覧いただけます。

タグ
健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント