13:40 2020年02月22日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 70
でフォローする

独ユストゥス・リービッヒ大学ギーセンのミヒャエル・デシュパゲル博士が、いかにスピーディーに減量するか、その方法を語った。ドイツ誌「フォークス」が報じた。

同博士の提唱するのは、「2+2+4」という規則。すなわち、心臓に負荷をかける中程度のトレーニングを2日、負担度の低い体力トレーニングを2日、そしてこの4日間適切な食事を摂ること。週の残りの3日間は身体的な負荷からリラックスし、厳しい食事制限をしなくていい。

心臓に負荷をかけるトレーニングは新陳代謝を高め、体力トレーニングは消費カロリーを増やすという。 

デシュパゲル博士によると、心臓に負荷をかけるトレーニングとしてはノルディックウォーキング、水泳またはサイクリングが適しており、体力トレーニングは室内で行うことができる。

この「2+2+4」式の実験には150人の被験者が参加した。12週間行われたトレーニングで、被験者のウエストは5cm縮まった。


健康的なライフスタイルと長寿に関する他の記事は、スプートニクの特別コーナーでご覧いただけます。

タグ
健康, 食品, 食べ物, 科学, スポーツ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント