07:26 2020年06月03日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 16
でフォローする

英エクセター大学の学者らは、ヒマラヤ、特にエベレストの植生面積が増加し始めていることを明らかにした。また、常時積雪のないゾーンは拡大しているという。科学、研究、技術に関するニュース・アグリゲーター「Phys.org」のプレスリリースで伝えられた。

学者らは、 1993年から2018年までの衛星データを分析し、草や低木の被覆率を調査した

結果、4150メートルから6000メートルの4つの異なる海抜高度で、植物の著しい拡大が起こったことがわかった。

高度5000〜5500メートルで最も重大な変化がみられたという。

得られたデータは、ヒマラヤ地域では地球温暖化により植物の成長にとっては温度が低すぎる地域が減少しているという理論モデルと一致している。

関連ニュース

タグ
環境, エベレスト
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント