17:48 2020年10月27日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

テスラ社の電気自動車はまもなく周辺の人々と意思疎通をはかることができるようになる。テスラ社のイーロン・マスク代表が発表した。マスク氏はツイッターで、テスラ・モデル3からメッセージが届く動画を投稿した。そこでは、「そんな風に立っていないで、飛び乗れ」と呼びかけがされる。

そのために電気自動車には外部スピーカーが設置される予定。Engadgetのリソースによれば、新機能によりドライーバーは窓を開けることなく歩行者や他の交通利用者と交信することができるようになる。生産日程を含む技術的な詳細はまだ明らかにされていない。

​この間、テスラ社は、自動車の接近を歩行者に警告する人工音声システムを自社自動車に設置する開発をはじめている。このシステムは、米国と欧州の電気自動車の安全に関する新法に適応させる上で必要となる。

関連ニュース

テスラ社 防弾仕様の新型電動ピックアップ「サイバートラック」を発表

タグ
自動車
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント