03:26 2020年01月28日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40
でフォローする

ロシアでは、衛星に依存しない測位システムが開発されている。オブジェクトの座標を定めるために、宇宙からの位置情報は必要ない。したがって、干渉からの保護にも、電子戦のオブジェクトの影響にも、また通信チャネルを混乱させる天候および磁気異常にも関係なく、オブジェクトの位置を定めることができるようになる。週刊誌スヴェスダーが伝えた。

発見の軍事的使用

ロシア連邦技術規則・計量庁のアブラモフ長官は、開発されているシステムについて、たとえば軌道からの信号の受信が困難な地球の表面下(トンネル内)または水面下にあるオブジェクトにとって不可欠になる可能性があると述べた。

世界最強国ランキングが発表
© Sputnik / Sergey Kompanichenko
概して、この技術は地球の重力場の異常に関する研究と、物理学の最新分野の1つである量子力学におけるロシアの発見に基づいている。アブラモフ長官は、発見を確認している。

現在、ロシアの計量学者たちは、測定値を取得し、地球の表面上の各ポイントの重力的特徴を人工知能に入力している。重力の微振動は地図に記入し、特定のルートに関連付けることができる。これにより、たとえば巡航ミサイルなどの高精度の武器は、測位システムがオフになっていてもそのルートを見つけることができる。

重力測位は、潜水艦やその他の特殊な機器にとって不可欠なものとなるだろう。なお、このメソッドは、天体図の軌道の高いポイントでそのルートを定める弾道ミサイルにとっては補助的なものかもしれない。

原因不明の重力異常

すでに現在、重力研究は科学的知識の個別の分野となっている。また、学者たちにとって非常に多くのことが不可解なものであり続けている。これは、重力が物体に作用しない、あるいは歪んで作用する場所の重力異常に関するものだ。そのような異常の例の1つは、米カリフォルニア州のプライザー地帯。ここでは下向き傾斜面に転がされたボールが停止し、上に向かって転がる。

関連記事

タグ
軍事, ロシア軍, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント