22:41 2020年04月10日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10
でフォローする

18日、6人からなる女性宇宙飛行士のチームが「ハワイでの火星探査」から地球に帰還した。宇宙や天文学専門ニュース「Space.com」が報じた。

4日、ハワイのマウナ・ロア火山の斜面に位置する疑似火星基地「HI-SEAS(ハワイ宇宙探査シュミレーション)」に女性研究チームが入り、ミッション「Sensoria I」が開始された。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от SENSORIA PROGRAM (@sensoria_program)

このミッションで、「女性宇宙飛行士」らは「火星人」の遺伝子を採取し遺伝子配列の決定を行ったり、食品を発酵させたり、新技術の研究、新しい非言語コミュニケーションの開発に取り組んだ。

​2週間後の18日、研究チームは基地から姿を現し、ミッション完了を報告した。

Sensoria Iは、HI-SEASにおける初の女性のみのミッション。このミッションの指揮官で、バイオエンジニアのヘイスティング氏は、Sensoria IをSensoriaプロジェクトの一環と定めている。このプロジェクトの目的は、女性中心で宇宙分野の専門的な開発、研究と訓練を行うこと。同氏は、Space.comの取材に対し、今後のミッションは男性研究者の参加も歓迎するが、女性が宇宙探査の中心でいるべきだと語った。

同プロジェクトは、このような疑似ミッションに女性を参加・支援することに加え、教育プログラムやコラボレーションを通じて若い女性を参加・育成することも目指している。

関連記事

タグ
テクノ, 宇宙, 火星
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント