16:49 2020年10月26日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

ローレンス・J・エリクソン変容医学研究所の設立者、デイビット・アグス医師(腫瘍学)は、モスクワの住民向けサイト「mos.ru」のインタビューで、大都市で人々が健康を維持するためのルールを列挙した。アグス医師はすい臓がんで死去したAppleの元CEO、故スティーブ・ジョブズの担当医として知られている。

アグス医師の最初に挙げるアドバイスは、自然、森、公園で時間を過ごし、もっと運動すること。

「私たちの生活は筋肉に縮小を強いているようなものです。ですから健康のためには運動はどうしても必要なのです。」

アグス医師の次のアドバイスは、休憩の重要性を忘れず、1日最低でも30分は休む。休憩は読書をしたり、窓から外を見るだけでもいい。こうしたことも、その日にたまったストレスを減らすためには必要。

さらにアグス医師は、大都市で生きる上での原則として食生活の順守を挙げている。食事は1日3回で軽食はだめ。軽食は代謝機能を妨げ、結果として体重の増加をまねき、脳の活動が低下してしまう。

最後にアグス医師がアドバイスするのは、毎日同じ時間にベッドに入り、起きることだ。


デイビッド・アグス医師は、米サウスカリフォルニア大学の医学教授。患者には、有名な音楽家、スポーツ選手、政治家が多い。また、健康的なライフスタイルに関する本のシリーズを出版している。

アグス医師は、情報技術のパイオニアとして広く認められ、Apple社の創始者でCEOだったスティーブ・ジョブズの担当医だった。2003年10月、ジョブズはすい臓がんと診断され、同医師の努力もむなしく、2011年10月5日に亡くなった。

関連記事

タグ
ガン, 健康, Apple
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント