19:03 2020年10月27日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30
でフォローする

Facebookは、企業向けのFacebookツールを使用するサイトでユーザーのアクティビティを追跡していたが、この度、ユーザーはFacebook外の行動履歴を削除できるようになる。28日、フェイスブックがサイトで発表した。

「Facebook外のアクティビティ」は、ユーザーが受信したコンテンツをパーソナライズするために分析されていたという

Facebookのヘルプセンターによると、Facebookは、「アプリを開く」、「Facebookアカウントでアプリにログインする」、「コンテンツを見る」、「アイテムを検索する」、「アイテムをショッピングカートに追加する」、「購入する」、「寄付する」などの情報を分析している。

だがFacebookは、この度、分析のためにFacebookに提供される情報を、設定にある「Facebook外のアクティビティ」でユーザーが管理できるようになると主張している。

特に、「履歴のクリア」機能が導入され、アカウント所有者は、Facebook外の行動履歴を削除したり、今後の追跡を無効にすることができるという。

一方、Facebook外のアクティビティを削除しようとすると「あなたがアクセスするビジネスや組織からは、引き続きFacebookにアクティビティが送信されます」との警告メッセージが表示される。

関連ニュース

インスタグラム 加工写真のフルスクリーン表示を禁止へ

タグ
facebook
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント