06:57 2020年06月05日
テック&サイエンス
短縮 URL
新型コロナウイルス (590)
0 20
でフォローする

オーストラリアのメルボルンにあるピーター・ドハーティ感染免疫研究所は29日、感染が拡大する新型コロナウイルス2019-nCoVの培養に中国国外で初めて成功したと発表した。研究所のサイトでは、これによりウイルスのより完全な研究が可能となり、診断方法が改善されると伝えられている。

研究所は「武漢市(中国)の患者から採取したサンプルを使い、新型コロナウイルス2019-nCoVの培養に成功した。中国国外におけるウイルスの細胞培養は初である」と発表した。

培養されたウイルスは、世界保健機関(WHO)に提供される。オーストラリアの学者らは、診断や治療に役立つことに期待している。

学者らは、培養されたウイルスは実験用の対称材料(コントロール材料)として使用できるため、症状が出ていない初期段階でウイルスを診断することが可能になるとの見方を示している。


死者132 人

中国当局は12月末、武漢市で原因不明の肺炎が発生したと発表した。最初の患者たちは海鮮市場に出入りしていた。現時点で中国国内における新型コロナウイルスによる肺炎患者は5974人、死者は132人に上っている。

トピック
新型コロナウイルス (590)
タグ
医学, 中国, オーストラリア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント