09:05 2020年04月06日
テック&サイエンス
短縮 URL
がん治療最先端 「21世紀のペスト」とどう戦うか (24)
0 52
でフォローする

米国のヴァンダービルト大学の研究者らが悪性腫瘍の増大への対処法を発表した。ポータルサイト『メディカル・エクスプレス』が伝えた。

対処法の基本はMYCたんぱく質の活性をブロックすることにある。MYCは米国で毎年完治が見込めない約1万の死亡事例の原因となっている。以前、専門家らはこれらのたんぱく質の活性を直接ブロックしようと試みたが、成功しなかった。

専門家らはMYCたんぱく質と補因子WDR5の相互作用を分析した。この相互作用はたんぱく質のはたらきを緩和させる効果がある。また、専門家らは、その発生が患者に特別な困難を及ぼすバーキットリンパ腫のモデルを研究した。

研究者らは、MYCと補因子 WDR5の結びつきを断つことで、ガンが急速に退化し始めることを解明した。

研究者らはこの発見は新しい薬剤治療法の開発に役立つ可能性があると予想している。

関連ニュース

ドイツの医師 がんのリスクを高める因子をリストアップ

トピック
がん治療最先端 「21世紀のペスト」とどう戦うか (24)
タグ
研究, 健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント