16:11 2020年07月04日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 60
でフォローする

日本の天文学者らは、天の川の中心付近における質量が太陽の1万倍の天体の周辺で、ガス雲の謎の動きを発見した。だが天体自体を捉えることはできなかった。これは、その存在が疑われた珍しいタイプのブラックホールの存在を示している可能性がある。サイエンス・アラートが伝えた。

国立天文台の竹川俊也特任研究員らの研究チームは、銀河の中心における高速のガス雲の動きを追跡した。これらの雲の1つ「HCN-0.085-0.094」は、3つの小さなガスの集まりで構成されており、その1つは中心の周りを回転しているが、ブラックホールには引き寄せられない。

このガスの集まりは、非常に急な速度勾配を持つリング状の構造を持っており、目に見えない天体の存在を示唆している。

この天体が実際にブラックホールである場合、その重力半径(中心から事象の地平面まで)は、天王星または海王星の半径よりわずかに大きい。

このようなブラックホールは、中間質量ブラックホールと呼ばれる。これは仮説的な天体だが、最近、研究者らにより、その存在を裏付けるさらに多くの証拠が見つかっている。

中間質量ブラックホールは、恒星質量ブラックホール(最大のものは太陽の62倍の質量を持つ)と超大質量ブラックホール(その最小のものは太陽の10万倍の質量に達する)の間に位置する。

関連ニュース

タグ
科学研究, 研究, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント