17:24 2020年03月31日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 23
でフォローする

人は目覚めてから1時間以内に朝食をとらなければならない。ポータルサイト「ナショナルニュース」にロシア連邦卒後教育アカデミー医学生物部のマルガリータ・コロリョワ教授が語った。

コロリョワ教授は「朝の体内の生命プログラムへの消費を考えると、目覚めてから1時間以内の朝食は充実したものでなくてはならない。これは長寿の要因となる」と語る。

同教授によると、朝食後にインスリン変動は調整され、作用ホルモンに対する体内の受容体の感受性も上がるという。

「そのためインスリン抵抗性の形成や体内機能不全で起こる他の代謝問題が予防される」と同教授は述べた。

コロリョワ教授は「限定的ではあるが、場合によっては朝食にファーストフードを食べることも可能」と補足した。

関連ニュース

タグ
食事
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント