01:47 2020年10月01日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 61
でフォローする

ロシア議会のデニス・クラフチェンコ議員は、地球の軌道上の衛星の数が急激に増加していることから、ロシアの議員らは、宇宙用の「道路交通法」の作成でイニシアティブをとるつもりだと表明した。このプロジェクトでは議員らとともに国営宇宙開発企業「ロスコスモス」の研究者らが作業を行なっている。

クラフチェンコ議員によれば、現在、地球の低軌道上には約5千機の宇宙衛星が存在し、また、近い将来には軌道上に新たに大量の衛生群が打ち上げられる予定だという。

スペースエックス社の創設者イーロン・マスク氏は、衛星インターネットアクセスサービス用の「スターリンク」プロジェクトの一環で約1万1千個の衛星を打ち上げる準備をしている。軌道上に英国の衛星「OneWeb」の打ち上げが開始され、それらの全体数は648機となる。

アマゾン社は衛星3千機超で貢献しようとしている。また、もし国際的な大手技術系企業が予定する衛星すべてを打ち上げたなら、地球の軌道上の衛星の総数は数倍に増加する可能性がある。

そのほか、2023年にロシアは総数約600機からなる通信衛星システム「スフェーラ」の打ち上げを開始する計画だ。こうした条件のもと、ロシアの議員らは、宇宙での交通事故を避けるため、特別に作成された「道路交通法」が役立つと考えている。

また、最近は軌道上にたくさんの宇宙のゴミが存在している。宇宙ゴミの脅威とはなにか、スプートニクの記事をご覧下さい。

関連記事

タグ
ロシア, 宇宙, テクノ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント