00:22 2020年07月09日
テック&サイエンス
短縮 URL
新型コロナウイルス (590)
0 50
でフォローする

日本の遺伝子医薬の開発の「アンジェス」社は5日、大阪大学と共同で新型コロナウイルスを予防するDNAワクチンの開発着手を発表した。DNAプラスミド技術の開発実績を持つ両者はすでに実験用ワクチンの製造を始めた。

「アンジェス」のプレスリリースによれば、DNA ワクチンの特徴は、危険な病原体を一切使用せず、安全かつ短期間で製造できること。対象 とする病原体のたんぱく質をコードする環状 DNA(プラスミド)を接種することで、病原体たんぱく質を体 内で生産し、病原体に対する免疫を付与する。

アンジェスの山田 英代表取締役はワクチン共同開発の発表に関して、同社のサイトを通じてメッセージを発信し、「世界中の喫緊の課題に一刻でも早く取り組むべき」とする意欲を表し、「培ってきたDNAプラスミドの技術が使える」と大阪大学からの提案に迷わず決断したこをと明かしている。

前日4日には武田薬品も、新型コロナウイルス感染症の治療薬として、抗SARS-CoV-2ポリクローナル高免疫グロブリンの開発着手を発表した。同社の広報部は早ければ9-18か月の上市を目指している。

回復した患者の血漿から採取した病原体特異的な抗体を濃縮、精製し、他の患者に投与することで、免疫活性を高め、回復力の向上を図る。

新型コロナウイルスについての情報の正誤
© Sputnik / Savitskaya Kristina
新型コロナウイルスについての情報の正誤

関連ニュース

トピック
新型コロナウイルス (590)
タグ
病気, 研究
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント