20:21 2020年10月31日
テック&サイエンス
短縮 URL
幸せに長生きしてください 長寿に関するスプートニクの記事 (105)
0 53
でフォローする

人気栄養コンサルタントで医師のウイリアム・リー氏はドイツ日刊紙の取材に応じ、食事から赤身肉を外す必要があること、なぜ赤ワインとチョコレートは適度な量を摂取すれば体にいいのかについて語った。

リー氏によると圧倒的多数の学術的証明により、赤身肉および加工肉は健康を害し、慢性疾患をまねくことが分かっている。そのため専門家は赤身肉を完全にやめるか、あるいはその量を最小限まで減らすことを勧めている。

リー氏は、より体にいいのはワイン、チーズ、ビール、コーヒー、チョコレートであり、これらは特定の病気の発達リスクを抑えるが、摂取量は適度にする必要があるという。

リー氏は「ワインとビールが健康にいいのは、ポリフェノールが含まれていることであり、アルコールそのものではない。アルコールは大変危険なものになり得る」と強調する。「チーズは有益なバクテリアと生理活性物質を含むが、飽和脂肪酸と多くの塩分も含まれている。チョコレートの利点はカカオ中のフラボノイドにあり、チョコレートに加えられている砂糖と油分ではない」という。

リー氏によると、緑茶、コーヒー、キウイ、ブラックチョコレート、赤ワイン、その他200種類の食品を摂取することで免疫システムを活性化することができる。リー氏はまた、食事には必ずフルーツ、野菜、ナッツ、豆類、全粒穀物をできれば生あるいは新鮮な形で含めることを勧めている。またオメガ3脂肪酸が豊富な魚介類も勧めている。

「スーパーフードやスーパーサプリ、魔法の薬などはない。これは純粋にマーケティングだ。適量にバラエティに富んで、有益で新鮮な食品を食べることが最良の道」とリー氏は語る。

しかし赤ワインがガン発生に与える影響は誇張であることを証明する他の研究も存在する。

慣れた食生活を建て直し、学者の勧めることをすべて守るのは簡単なことではない。皆さんのために健康な食生活に移行しやすい簡単なアドバイスをまとめた。


健康的なライフスタイルと長寿に関する他の記事は、スプートニクの特別コーナーでご覧いただけます。

トピック
幸せに長生きしてください 長寿に関するスプートニクの記事 (105)
タグ
健康, 食べ物, 科学研究, 研究
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント