15:58 2020年07月04日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 32
でフォローする

ロシアの地球物理学者らが地球力学モデルの詳細な研究を行った。この研究は国連委員会に向けた北極地方における大陸棚の外側の境界の拡大に関するロシアの申請に科学的な根拠を与えるものとなる。研究成果が科学誌『ジオテクトニクス』に発表された。

現在、北極地方の国家間には、北極海の北極大陸棚の境界に関する見解の相違が生じている。ロシアは国連委員会に対しすでに2001年に大陸棚の境界に関する申請を提出した。しかし、海底のどの部分が大陸の延長上であるかを証明するため、地球物理学的および地質学的研究が必要となる。

こうした研究の次の段階の成果となったのは、北極地方のすべての発展段階を示した報告であった。研究者らは、過去6千万年の間の岩石圏の分離を説明する地球物理学モデルを詳細に研究した。このモデルは、北極だけでなく、北東アジアにおける過程も解明している。

しかし、重要なことは、新しいモデルが示しているのは、北極水域の基本構成は原始から統一した地殻ブロックであり、ロシアの大陸境界の自然な延長ということ。このことが北極大陸棚のロシアの権利を証明している。

関連ニュース

ロシアの地対空ミサイルシステムS400、北極圏に実戦配備

タグ
北極, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント