04:34 2020年07月03日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 51
でフォローする

ジュネーブ大学の調査グループが溶けた鉄が雨のように降る太陽系外惑星を発見した。その惑星は地球から640光年離れたWASP-76bで、地表の条件は厳しい。ヨーロッパ南天天文台のサイトが発表した。

太陽系外惑星WASP-76bは常に太陽に同じ面を向けているため、日中の温度は通常、3000度にも達する。このために分子は原子分解を開始し、表面の金属は融解し始める。

WASP-76bの地表では強風が吹いており、これが溶けだした金属を太陽の当たらない、裏側へと運んでいる。裏側に吹き寄せられた金属は冷却され、今度は雨となって再び太陽の当たる側へと回る。この惑星では太陽の当たらぬ陰の側でも温度は1500度に達する。

ヨーロッパ南天天文台はWASP-76b調査を率いるジュネーブ大学ダヴィッド・エレンライフ教授の声明をプレスリリースに発表した。

「この惑星の夜は常に雨天といえる。ただしこの場合の雨は鉄の降るものだが。」

関連記事

タグ
研究, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント