00:44 2020年11月24日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30
でフォローする

惑星WASP-76bは極端な天候条件をもつ惑星リストに新たに加わった。その表面温度は2400℃で、雨の代わりに空から鉄の滴が降るという。

地球から640光年のうお座には珍しい惑星WASP-76bがある。チリのアタカマ砂漠にある超巨大望遠鏡(VLT、Very Large Telescope)を使ってその研究が可能となった。

この惑星は月に似ており、片側のみ主星に面しており、もう一方は永遠の暗闇である。そのため天体は非常に熱く、太陽側の温度は2400℃を超える。昼側の高温は金属をも蒸発させ、風により金属性蒸気が夜側に運ばれる。そうして夜側で雨のように降下する。

WASP-76bの発見は2013年。

関連ニュース

タグ
宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント