14:04 2020年04月07日
テック&サイエンス
短縮 URL
がん治療最先端 「21世紀のペスト」とどう戦うか (24)
111
でフォローする

日本の国立がんセンターなどは17日、がんと診断された人の10年後の生存率は57.2%だったと発表した。日本のマスコミが報じた。

NHKによると、国立がん研究センターなどが2003年から2006年までに全国の約20の主ながん専門病院でがんと診断されたおよそ8万人のデータを分析したところ、10年後の生存率は全体で57.2%だった。

昨年の集計より0.8ポイント上昇しており、共同通信によると「データを取り始めた1990年代末から伸び続けている」という。

生存率が最も高いのは前立腺がん(97.8%)、次いで、乳がん(85.9%)、甲状腺がん(84.1%)となっている。

関連記事

トピック
がん治療最先端 「21世紀のペスト」とどう戦うか (24)
タグ
研究, ガン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント